kit gallery houei bldg 2f-a 2-31-3 jingumae,
shibuya-ku, tokyo. info@kit-gallery.com

Reception Party DEC. 2 (mon)
from 18:00 to 21:00(open at 17:00)
@GEEK PICTURES
2-27-5 Jingu-mae Shibuya-ku TOKYO

国内外のミュージックシーンで様々な才能を見せている
音楽家・伊藤陽一郎が、画家としての
新たな一面を見せる初個展『NEW FACE』。
「なぜ音楽ではなく絵を描いているのか?」との問いに、
SNSなどを含めた浮世なものから離れ、
より"自由"を感じられる場を模索する中で
絵画に出会ったという彼は、
経験を積み重ねた
“今”だからこそ生み出せる表現で、
画家・音楽家としての
ネクストステージへ歩みだしたようだ。

■NEW FACE開催概要 
開催日:12月3日(火)~12月8日(日) 
開催時間:12:00~20:00 
開催場所:kit gallery 
料金:入場無料
東京都渋谷区神宮前2-31-3 宝栄ビル2F-A 
https://kitgallery.thebase.in info@kit-gallery.com
ACCESS

■オープニングレセプション
開催日:12月2日(月) 
開催時間:17:00開場 18:00~21:00開催
レセプション開催場所:GEEK PICTURES/
東京都渋谷区神宮前2-27-5 料金:入場無料 
https://geekpictures.co.jp/
ACCESS

new.face@yoichiro.info

図録販売のお知らせ

NEW FACEの図録を販売します。
展示作品を中心に渾身の50作品を掲載。

レセプション会場、ギャラリー、
もしくは下記アドレスまでお問い合わせの上、
お買い求めいただけます。
販売箇所は、当サイトにて随時更新して参ります。

112ページ / 
250mm×250mm フルカラー/2200円(税込)

お問い合わせ先:ロマンチッカーズブックス
book@yoichiro.info
販売元 有限会社アンテナグラフィックベース

陽一郎が絵を描く土壌はすでにあった。

武蔵小山の混沌としたスタジオから生まれた作品はキャンバスから“じっと”私たちを見つめてくる。
サイモン・テイラー
/Founder - Tomato Sutudio Collective

魂を宿らせるための苦悩が滲み出る! 
自分をどこまで放出し続けるか!?
有名になっちゃうのかなぁ…行け!
この世のいやなやつらをぶっとばせ!
竹中直人/俳優・映画監督

俺はアートの事など何もわかりませんが、
センパイの作品にはどれもそこはかとなく
「憂い」みたいなモノ感じます。
音楽でも映画でもこの「憂い」の感じに俺は弱いです。
「憂い」は次第に「愛おしさ」に繋がっていくからです。
だからセンパイの作品はどれも愛おしいです。
Ryo-Z/RIP SLYME

''伊藤さんの絵、
ちょうど生で見たいと考えていたところでした''
中原昌也/音楽家・作家

伊藤君の画家デビュー驚いた。
このタイミングで新しい事に挑戦する
姿勢にエールを送りたい。
Natural Essence みたいな音も久々に聴きたい!
(しつこいね 笑)
下田法晴/SILENT POETS

令和元年、SexyなDJ伊藤陽一郎が開く、
Super Coolな個展‼ 必見‼
山本敦之/金色不如帰

「AKAKAGE(伊藤陽一郎)のスピード感のある
DJプレイはキャンバスに勢いよく色を次々と
塗り込んでいくアートのようだ。
そしてまた彼がリアルにキャンバスに
向かう時の自由な色、
躍る線も伊藤陽一郎というJazzである。」
イラストレーター ソリマチアキラ

久しぶりにいい絵に出会ったと思ったら
旧友の絵だった。
新たな才能の開花に惜しみ無く拍手を送りたい。
谷中敦/東京スカパラダイスオーケストラ 

YOICHIRO

1970
岐阜県生まれ。
小学生時代、YMOに魅力され、スネークマンショーの影響を受ける。
高校生時代はラグビー部。その傍ら、ファッションにのめり込み、
私財はすべて洋服につぎ込む。
当時の好きなデザイナーはクリストファー・ネメス。

1988
多摩美術大学入学とともに上京。
在学時に同級生とNatural Essenceを結成。
楽曲制作とDJ、
レコードディギンの日々。

1993
スネークマンショーの桑原茂一氏と出会い「YMOのカバ」に参加。
楽曲を提供し初のCD化音源となる。
以降「BLUE FILM」等への楽曲提供や、
様々なコンピレーションアルバムにも多数参加。

1996
FILE RECORDSよりミニアルバム「Unnatural」で
デビュー。
同年Remix Single「remixoverdose」を発売。
ジャケットと収録曲「Injury」のMVをサイモン・テイラーが手掛け話題となる。

1997
Sirkusレーベルより12inch「injury / overthrow」をリリース。
UKデビューを果たす。

1998
当初は変名ユニットとして、AKAKAGEをスタート。
クラウンより「Would you like akakage?」でデビューし話題となり、
ジャケットに使用した本人直筆のイラストも話題に。収録曲はTV BGMとしても多数使用
され、
The Style Councilのカバー「Lodger’s」はラジオ等でもヒット。
現在までに通算 10枚のアルバム(ベスト盤含む)とシングルやアナログ盤を多数リリース、
他アーティストのプロデュース、リミックス等の依頼も絶えない。

2001
この年から本人名義でのDJ MIX CDも多数発売し
ヒット。
e.g.: Style#10 (2001), Style#14 (2003),
Osteria Del Rosso ~ Macedonia
(2004) etc...

2018
画家活動スタート。

2019
初個展「NEW FACE」開催

1970
Yoichiro Ito is born in Gifu prefecture.
He gets into YMO and influenced by Snake Man Show in the elementary school days.
He joins the rugby club at high school; on the other hand, he gets interested in apparel,
and spends what little money he has on clothes.
He loves Christopher Nemeth the best.

1988
Yoichiro moves up to Tokyo to attend Tama Art University.
He forms Natural Essence with his classmates.
He keeps himself busy with composing, DJ, and crate digging every day.

1993
Yoichiro meets the organizer of Snake Man Show Moichi Kuwahara.
He serves for Moichi’s album, “YMOのカバ”, which becomes his first appearance and
commercially available musical work on CD form.
After that, Yoichiro works with “BLUE FILM”, and features numerous compilation albums.

1996
Yoichiro debuts his first mini album “Unnatural” on FILE RECORDS.
At the same time, he releases single “remixoverdose”.
Simon Taylor produces its cover art, and directs the music video for “Injury”, and which
gains attention.

1997
Yoichiro makes an appearance in UK, dropping “injury / overthrow” on a 12” record on
Sirkus.

1998
Yoichiro starts the creative project AKAKAGE.
“Would you like akakage?” is his debut work under the name of AKAKAGE, released by
Nippon Crown.
He designs the album art with his own hands, and earns reputation.
Songs from the album become popular for background music of TV programs, especially
“Lodger’s”, a cover of The Style Council’s, is often played on various format.
He’s released a total of 10 albums (including his greatest hits album) and several singles on
both digital and analog formats in 20 years.
He gets offers of producing remixes from various artists continuously.

2001
Yoichiro releases various successful mixtapes under his real name, Yoichiro Ito.
e.g.: Style#10 (2001), Style#14 (2003), Osteria Del Rosso ~ Macedonia (2004), etc.

2018
Yoichiro starts painting.

2019
Yoichiro holds his first exhibition, “New Face”.